camellia が詠う場所

詩を読みます。

作品番号 16 - 桜

桜が舞い散るあの景色
皆が歌うあの桜が吹雪

桜の魅せるあの美しさ
皆が魅入らるあの景色

散りぬる幻想の散り姿
魅入らる一重の散り姿

何を言わんと風に乗る
何を想うか風に舞う様

古今の流れ気に留めず
遥か想いを今に感ずる