camellia が詠う場所

詩を読みます。

作品番号 29 - 産む責任

死にたい死にたい殺して欲しい
僕を作った貴方達の責任は何だ

死にたい死にたい殺して欲しい
僕を勝手に作ったのに身勝手だ

死にたい死にたい殺して欲しい
僕を幸福にするべきじゃないか

死にたい死にたい殺して欲しい
幸福にできないならその責任は

死にたい死にたい殺して欲しい
人並みの幸せを享受した責任は

死にたい死にたい殺して欲しい
後生だから痛くないようお願い

死にたい死にたい殺して欲しい
後生だから怖くないようお願い

死にたい死にたい殺して欲しい
愚人に求めるのは愚人の所業か

死にたい死にたい殺して欲しい
いつか来るだろう安楽の日まで