camellia が詠う場所

詩を読みます。

作品番号 32 - ガロン!

ガロン!
僕は1ガロンがどれほどか知らない

ガロン!
調べれば直ぐに分かると知っている

ガロン!
その言葉が持つとてつもない豪快さ

ガロン!
まるでドラム缶で数えるような単位

ガロン!
ロマンを含んだ言葉に思いを馳せる

ガロン!
テンガロンハットはどれほどなのか

ガロン!
必要ないなら知らない幸福を採ろう