camellia が詠う場所

詩を読みます。

作品番号 34

僕は何処へ行くのだろう
死刑の執行が告げられる

何処で道を違えただろう
無辜の人を惨殺したこと

違える前兆はあったのか
気付けばその思いは強く

前兆は何処から来たのか
環境の影響ではないのか

それが運命と言うのなら
生まれたことが罪なのだ

僕を身籠る母を磔にして
堕胎させるは正義なのか