camellia が詠う場所

詩を読みます。

作品番号 37

突如の再会、刹那の邂逅
止まる時さえ意味を失う

もしそのとき会えるなら
僕は本懐を遂げるだろう

これはすれ違いの必然性
これが世界摂理の絶対性

記憶の深くに沈む貴方は
先週からの直ぐやる案件