camellia が詠う場所

詩を読みます。

作品番号 43

十五時の疲れ 雨のアンニュイ

雨のない場所 屋根下の晴れ間

晴れ間の幻想 十六時の雨上り

雨上りの現実 眩しすぎる夕日